そのまま食べるよりコールドプレスジューサー 

そのまま食べるより栄養吸収率が良い!?

Baidu IME_2015-6-9_16-12-18

今なにかと話題のコールドプレスジューサー

普通のジューサーとの違いは

コールドプレスジューサーは低回転で素材を搾り出すため空気にが混入しずらく

酸化しにくいのが特長です。

酸化するとジュースにしたときの見た目も悪く、栄養も損なわれます。

また、果物を生でそのまま食べたときの栄養素の吸収率は17%に対して、

コールドプレスジューサーで作ったジュースは65%消化吸収されるそうです。

そのまま食べるよりクビンスジューサーで飲むと栄養の吸収率が約3.8倍!

今回ご紹介するコールドプレスジューサーは(クビンス)というメーカーで

野菜や果物をカットしなくてもジュースにできます。

コールドプレスジューサーはパナソニックや、シャープからも販売されていますが、

材料の投入口が小さいため、りんごなどの多めの果物はカットする必要があります。

値段はクビンスコールドプレスジューサーは他のメーカーよりも高めですが、

なんと!

10年保証がついていますヽ(*´∀`)ノ

日本のメーカーだと1年保証ですし、メーカー保証が切れたときに壊れたりするもんです。

その点では安心して使えるのでオススメです。

 

無題

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人

管理人

当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。
健康食品や美容関係の商品の
レビューをしておりますので、ぜひ、参考にしてください。
基本は毎日更新しています。
出来ない時はごめんなさい   ヽ(;▽;)ノ

ブログランキングに参加しています ポちっとお願いしますヽ(*´∀`)ノ

こちらから管理人に連絡が取れます



このページの先頭へ