巻き爪でお困りの方に 30分で矯正できる!

《医療機器》自分で治せる巻き爪矯正器【巻き爪ロボ】

 巻き爪でお困りの方に簡単に、しかも直ぐに効果がある巻き爪矯正器があったのでご紹介させてもらいます。

この巻き爪ロボ医療機器認可取得の本格巻き爪治療器具で、自宅で自分で治せるのが特徴です。

病院やクリニックの治療費に比べて 安価で矯正できるのが良いかと思います。

 



 商品説明

 巻き爪矯正器 巻き爪ロボ は30分でどんな巻き爪でも矯正できるというものです。

使用する前にまず、爪の状態を確認し、腫れ、出血、爪水虫などがある場合は治療をしてください。

その後、器具が使えるように爪の両端を逃し、先端をたいらにカットします。

深爪になっていたり、両端を切りすぎた場合は爪が伸びるまでは使用できません。

あとマニキュアも効果の妨げになるのでしっかり取っておいたほうが良いそうです。

使用方法は

巻き爪ロボのつまみを緩めて、爪の両端にフックをかけ、38℃から42℃くらいのお湯の中に足をいれると、温浴効果で、爪が柔らかくなり、早く、痛みもなく、簡単に爪の形を変えることができるようになります

足をお湯に浸したまま、爪が柔らかくなるまで、およそ20分間待ちます。爪の硬さや厚みなどで時間は前後しますが、早い方なら10分、遅い方でも30分程度で、ゆっくりと爪が変化していきます。

その後お湯から足を上げると爪が柔らかくなって矯正しやすくなっているので、器具で矯正できます。

矯正できたら、器具を外す前にlドライヤーで約10分間爪をしっかり乾燥さることによって、爪が元にもどるのを防ぎます。

この時、爪の変形が大きく、矯正後爪と肉の間に大きなすき間が生じる場合は肉が盛り上がるまで、別売りの巻き爪ブロックで爪の戻りを防止してください。



巻き爪ロボには爪の変形い応じて2種類の器具が用意されています。

爪の巻き込みが両端均等に巻き込んでいる場合はスタンダードタイプの

巻き爪ロボAタイプ

爪の巻き込みが変形し、片側が大きく巻き込んでいる場合は

巻き爪ロボBタイプ

があります。

AタイプBタイプセットもあります。

ちょっと、値段が高いような気がしますが、たった30分で矯正できるというのと、

医療機器で特殊な機械なのでどうしても

このぐらいはするんでしょうね。

使い方の動画もありましたので、詳しくはこちらのサイトでご覧下さい。

公式ホームページ

 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

管理人

管理人

当ブログにお越しいただきまして、ありがとうございます。
健康食品や美容関係の商品の
レビューをしておりますので、ぜひ、参考にしてください。
基本は毎日更新しています。
出来ない時はごめんなさい   ヽ(;▽;)ノ

ブログランキングに参加しています ポちっとお願いしますヽ(*´∀`)ノ

こちらから管理人に連絡が取れます



このページの先頭へ